基本方針

2018~2019年 会長方針

会長 中嶋 啓文
大東ロータリークラブ 会長 中嶋 啓文

ロータリーの目的は、『意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。』とされています。
この精神をつねに心に抱いて50年もの間築きあげられてきたこの伝統ある大東ロータリークラブを更に飛躍させるのは、今ある我々の力に懸かっています。

本年度RI会長 バリー・ラシン氏は、「インスピレーションになろうBe The INSPIRATION 」をテーマに掲げ、ロータリーの奉仕は、人びとの人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割をこれまでとは違う角度でとらえる必要があります。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。
ロータリーのメンバーを、クラブを、地域をもっと元気づける行動力を発揮することが大切だと述べておられます。

第2660地区ガバナー 山本博史氏は地区のテーマやスローガン等はつくらず、RI会長のテーマに沿って10項目の方針を掲げられました。

ロータリークラブのメンバーは、『職業上の高い倫理観を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること』(ロータリーの目的第2項)と定義されています。
これ自体がまさに奉仕そのものだと考えます。利益を生み出すことは非常に大事なことです。それにより周囲の人々が潤い、地域が国が世界が潤っているのです。
儲けることは大切です。日本では「儲ける」ことを一言で言い表していますが、英語圏内では、周りを楽にする働きによって、その機能をはたして得られる利益を「プロフィット」といい、逆に単なる利ザヤ稼ぎを「ゲイン」と言って使い分けています。一方が損をした分だけ一方が儲かるというような性質のゲインより、周りに喜んでいただいた分だけ儲かるプロフィットを実行したいものです。
『ロータリアン一人一人が個人として、また事業及び社会生活において、日々奉仕の理念を実践すること』(ロータリーの目的第3項)にもなります。

ロータリークラブは高潔性と高い倫理観を持った個々の集まりで成り立っています。クラブが何をしているかではなく、クラブに入っている人が何をしているかです。お役所的な感覚で、消化する為の予算主義は捨て、未来志向で可能な事業の企画提案が必要です。それが5年後10年後でも描いたことが実現できるように行動してください。時間をかけて熟成していく事もあります。ロータリークラブに入会しているそのことに意義があり、結果としてクラブを通じての奉仕になると考えます。RIや地区負担金、ロータリー財団や米山奨学寄付金等で世界にお役立ちが出来ています。
個人の自由な発想で、できるときにできることをするべきです。

クラブ戦略委員会を2年前から立ち上げました。本年度も引き続き委員会を継続して行きます。橋本直前会長の委員長のもと、クラブの将来のあるべき姿を考え、その実現に必要な改革・改正を行って行きます。

クラブを継続して行くためにはやはり会員の増強が必要です。昨年より年会費を上げさせていただきました。クラブの運営に必要な額を確保するためと、『多くの知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること』(ロータリーの目的第1項)です。目標は会員数を当クラブの55周年には50名を確保することです。

「古い皮袋に新しい酒を」

50年という歴史を十二分に尊重し理解しつつ、その中でも、いままで盲目的に踏襲してきた悪しき慣習の見直しを始めます。経験と実績の多寡に拘わらず、すべてのメンバーによってスムーズな運営ができるよう、「四つのテスト」と照らし合わせながら改善して行きます。

もっともっと会員相互が助け合い、輪になっていけるクラブを、益々魅力ある、個性ある元気なクラブを、そして有意義で自由なロータリーライフが送れるクラブを目指して行きます。

50年を過ぎ、伝統ある大東ロータリークラブの51年目の会長に就任させていただきました。私自身非常に光栄なことと身の引き締まる思いです。
これからのクラブを引っ張っていけるリーダーの育成と、クラブの将来を見据えていく「当番」として頑張らせていただきます。
本年度も会員諸兄のお力添えをお願い致します。

閉じる

幹事・会計・S.A.A・直前会長 活動方針

幹事 木村 克己

本年度中嶋会長のスローガン『もっと自由に、愛をこめて』の基、新たな50年のスタートに相応しい一年となるように役員・理事・委員長の皆様と共に切磋琢磨しながら職務を全うしたいと考えております。本年は委員会構成も大幅に変更になりましたので、新たな気持ちでクラブ運営に取り組むと共に自由な発想、そして常に心に愛をもって挑みます。
会員諸兄皆さまのご協力をよろしくお願い致します。

会計 中野 秀一

本年度、中嶋会長が提唱されたスローガン『もっと自由に、愛をこめて』を根底に、各委員会の高潔で高い倫理観を持った事業が企画立案され実行されていく過程において、会計の立場から側面的にサポートをしながら、更に魅力あるクラブへと発展する一助となるよう務めてまいります。皆様には適正明朗な会計になるようご理解とご協力を宜しくお願い致します。

S.A.A 東村 正剛

S.A.Aは、例会やその他の会合で、会が秩序正しく楽しい雰囲気で運営されるための進行役を務め、会場監督であります。円滑に効果的な例会が行われるように務めていきたいと思います。
私語の防止、座席の整理や食事、配布資料等のチェックの他、親睦活動委員会とも連携・協力し、共に来客や会員を笑顔で迎え入れるよう心がけます。例会途中での退席者への注意も任務の一つだと思います。
本年度、中嶋会長の方針である『もっと自由に、愛をこめて』のもと個人の自由な発想で出来る時に出来る事をするという未来志向型で、当クラブの伝統と歴史を次代へ繋げていきたいと思います。結びに、有意義で楽しい例会進行が出来るよう精一杯務めて参りますので皆様のご指導とご鞭撻の程宜しくお願い致します。

直前会長 橋本 正幸

昨年度は、すべての会員の皆様のご協力のお蔭を持ちまして、50周年式典並びに事業を無事終えることができました。皆様にはこれまでに無いご心労をお掛け致しました事に、御礼を申し上げます。私自身にとりましても貴重な経験をさせて頂きました。この先は「クラブにどのようにこの経験を生かせばいいのか、どう役立てればいいのか」を自身で考え、ロータリーライフの指標にしたいと思っています。
中嶋会長は、クラブの目標を「一丸となって会員相互が助け合う」、「魅力ある、個性ある、元気なクラブ」、「有意義で自由なロータリーライフ」とされました。この方針を基調として、直前会長として自分なりに考え理解し、微力ながら協力をさせて頂く所存です。
また、クラブ戦略委員会の議長という大役を仰せつかりました。今年度はクラブ戦略委員会を一つの委員会として位置づけられました。委員会の目的は昨年に続き「大東ロータリークラブの将来あるべき姿を考え、その実現に向けて改革を行う」こととされました。委員の皆様には、クラブ運営や事業計画が時代に即した、実現可能なクラブ運営、事業計画を自由な発想の基に、一つひとつ丁寧に審議を行って頂きたいと考えています。
つきましては、委員の皆様のご協力をお願い申し上げます。

閉じる

クラブ奉仕委員会

委員長 藤本 和俊

クラブ奉仕委員会の特定分野に設置された各委員会の諸責務を遂行できるように連携・協力をし、クラブの円滑な運営並びに会員全員が魅力あるロータリーライフを楽しめるように目指していきます。特に本年度中嶋会長方針に基づく、55周年に向けての50名の会員増強、そして会員相互が助け合い、輪になり、有意義で自由なロータリーライフが送れる、そのような組織を活性化するべき活動など支援してまいります。

閉じる

職業奉仕委員会

委員長 柿木 篤

ロータリーの根幹である職業奉仕委員長という大役をいただき、光栄であるとともに、その重責の重さに身の引き締まる思いであります。
中嶋会長が掲げられた本年度のスローガン『もっと自由に、愛をこめて』を活動方針とし、ロータリアンとして高い倫理観をもって、職業を高潔なものとし、奉仕の理想を実践することで、地域社会がより良くなるように活動してまいりますので、メンバー諸兄のご協力を宜しくお願い致します。

閉じる

社会奉仕委員会

委員長 中 恒夫

会長のスロ-ガンであります『もっと自由に、愛をこめて』を基本に社会奉仕委員会では、市民祭りの協力、募金活動、交通安全運動、など継続事業への参加をすると共に大東ロータリークラブの地域社会に対して公共イメ-ジの向上に努力してまいります。また、地域に対して今ロータリークラブがどのように他団体とどうかかわっていくかを今一度考え直す時ではないかと思います。継続事業も大切ではありますが、もっと自由に社会貢献できます様に見直してまいります。今年1年皆様の御協力と御理解頂けますようにお願いもうしあげます。

閉じる

国際奉仕奉・世界社会奉仕委員会

委員長 杉原 巨峰

昨今、我が国を含む世界各地において、異常気象による自然災害や、紛争、飢餓が頻繁に発生しています。
国際奉仕委員会では、ロータリーの基本理念である「奉仕の精神」をもって国際社会における現象に目を向けて、本年度中嶋会長スローガンにあります『もっと自由に、愛をこめて』を精神に、必要とされる世界平和の実現に具現化すべくお役にたてるよう努力致したいと思います。
WCS事業について、当クラブで2年続き本年度は台北雙溪RC側で行われる予定であります。当クラブは、寄付金を拠出させて頂くことになります。台北雙溪RCとは、更なる50年の第一歩として、交流、連携、相互理解を深めて参りたいと思っております。
又、ネパールカトマンズ西RCとの友好クラブ締結に伴い、今後の交流のあり方をも考える必要性があると考えています。
会員皆様のご協力をお願い致します。

閉じる

青少年奉仕委員会

委員長 空門 満也

本年度青少年奉仕委員会委員長に任命していただきました空門です。
青少年奉仕におきましてロータリアンの責務とは年齢30歳までの若い人すべてを含む青少年の多様なニーズを認識しつつ、よりよき未来を確実なものとするために青少年の生活力を高めることによって、青少年に将来への準備をさせることとなっております。すべてのクラブと地区は青少年の基本的ニーズ、これは 健康、人間の価値、教育、自己開発ですが、それを支援するプロジェクトの着手するよう奨励されております。RIの常設プログラムとしては当クラブも担当しておりますインターアクトをはじめとして、ローターアクト、ライラといわれるロータリー青少年指導者養成プログラム(Rotary Youth Leadership Awards)、ロータリー青少年交換とあります。
当クラブも本年度で第39回を迎える大東ロータリークラブ旗争奪少年野球大会や第13回になる大東市小中学生弁論大会など独自の事業に取り組んでおります。
現在、少子化や高齢化、情報化の急速な進展などにより青少年をとりまく環境は大きく変わっております。そんな環境下でスポーツや文化活動、ボランティア活動などに取り組んでいる青少年が多くいます。自らやりたいことを見つけ、やり抜く力を身に着けることは、将来の社会生活においても非常に有益なことであり、そのため様々な体験をとおして、感性を磨いておく必要があります。そしてその中で他者との関係づくりの必要性やコミュニケーション能力の育成、そして命を尊重するこころなど規範意識を育んでいくことが重要であると考えられます。
そういった意味合いからでも当クラブが長く取り組んできた大東ロータリークラブ旗争奪少年野球大会や大東市小中学生弁論大会は非常に意味合いの深い事業だと感じており、本年もこの事業をその思いの基、推進して参りたいと考えております。結びに、本年度初めて理事を担当させて頂きます。まだまだ分からないことも多く、不行き届きの点多々あろうかとは思いますが、皆様のご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

【活動計画】

  • ■ 第39回大東ロータリー旗争奪 少年野球大会
  • ■ 大東市小中学校生弁論大会
  • ■ 青少年奉仕月間に因んで(卓話)
  • ■ 情報集会
閉じる

地区 インターアクト委員会

委員長 中野 隆二
 
委員長 中野隆二(大東RC)
副委員長 西浦誠二(大阪天王寺C)
吉田法功(八尾RC)
早瀬祥人(大阪南RC)
委員 川瀬康平(大阪RC)
片山一歩(大阪帝塚山C)
小阪大輔(高槻RC)
杉村雅之(大阪中之島C)
森田武雄(大東RC)
中島崇(大阪天王寺RC)
大槻恭介(八尾RC)
元古隆司(守口イブニングRC)
西村栄一郎(大阪RC)

【活動方針】

本年度、地区インターアクト委員会の委員長を仰せつかります中野隆二と申します。昨年度に引き続き、このような役を与えてくださった方々の期待にこえるべく全力で取り組んでまいります。
本年度も一人でも多くの生徒に入会、参加して頂きインターアクトクラブの素晴らしさを広め奉仕と国際理解及び親善を推進し健全な青少年の活動と育成を支援していきます。また、多くのロータリアンにも行事などに参加して頂き、活動の意義を広く理解してもらえるよう努めます。本年度大東RC中嶋会長スローガン「もっと自由に、愛をこめて」を基に、地区インターアクト委員長として務めてまいります。大東ロータリークラブ会員の皆様にも更なる各事業へのご賛同をお願い致しますが、ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

  • (1)インターアクターのリーダーシップ
    建設的な指導力を養成し、自己の完成を図るためにも、各事業の企画立案と実施に各校生徒の自発的、主体的な参加を促します。前年度の方針を引継ぎ、また変革しつつロータリアンと各校顧問との合同会議にインターアクターに参加をする機会を与え積極的な意見を述べていただきます。
  • (2)青少年奉仕部門との連携強化
    青少年活動委員会、ローターアクト、青少年交換委員会とは、ワークショップや地区献血などを通じ連携を図り、他の委員会の事業への参加を通じて他人への思いやり、他人の力になる心構えや喜びを感じられる機会を実践していきます。
  • (3)現在インターアクトクラブのある9中学校・高等学校、10提唱ロータリークラブとの情報交換や連携強化、さらに全国インターアクト研究会との情報交換や参加を促進します。
  • (4)新クラブ創立、さらなる増加を目指し、提唱クラブの有無を問わず全ロータリアンに理解を深めていただき、参加を図るよう努めます。
  • (5)地区学友委員会と協力し、ロータリーの活動や奉仕をサポートします。

【活動計画】

  • ・海外研修:海外インターアクターとの交流を図る中で国際理解と親善を深め国際的視野を持つリーダーの育成に寄与します。今年は8月上旬に第3461地区台湾・台中を訪問します。現地のインターアクターと共に奉仕活動として施設の訪問や交流会を行います。
    ホスト:大阪国際大和田中学校・高等学校IAC(提唱クラブ:守口イブニングRC)
  • ・クラブ合同会議:地区委員及び各校顧問並びにインターアクター代表と共に活動方針の確認や活動計画、概況状況の報告及び情報交換を行います。(随時開催予定)
  • ・年次大会:地区及び各校インターアクトクラブの活動報告を行い、奉仕の精神と活動意義の再確認を行います。(11月実施予定)
    ホスト:浪速中学校・高等学校IAC(提唱クラブ:大阪帝塚山RC)
  • ・SCRUM発行:1年間の活動をまとめた「SCRUM」を編集・発行をします。
    担当校:金光八尾中学校・高等学校IAC(提唱クラブ:八尾RC)
  • ・新入生歓迎会:各校の新入生と共に親睦交流を深め、奉仕の精神と活動への動機付けを目標に行います。(2019年6月実施予定)
    ホスト:浪速中学校・高等学校IAC(提唱クラブ:大阪帝塚山RC)
閉じる

会員増強委員会(職業分類委員会・会員選考委員会)

委員長 大東 弘

会員増強は、当大東ロータリークラブにおいても、最とも重要な課題の一つであります。
しかしながら会員増強は1人の力で出来るものではありません。中嶋会長の基本方針にある、会員相互が助け合い、輪になっていけるクラブ、そして有意義で自由なロータリーライフを皆さんと共に実践し、益々魅力・個性ある元気なクラブを構築することが、会員増強の根幹であると考えます。
また、本年度は委員会構成が変更され、当会員増強委員会に「職業分類・会員選考」両委員会が含まれたことにより、ルールに従い迅速に審査してまいります。
55周年を50人のメンバーで迎えるための初年度として会員増強委員長を微力ながら務めてまいりますので皆様のご協力を宜しくお願いします。

閉じる

ロータリー情報委員会(規定委員会)

委員長 小川 芳男

ロータリー情報委員会委員長の職は、私が前回務めさせて頂いた2014-15年度までは、幹事の翌年の役職としてあり、何十年と踏襲されてきました。そしてクラブ奉仕も、副会長の兼任の職としてあり、同じく何十年と踏襲されてきました。ところが、会長予定者の退会辞退等があり、その年度は、会長エレクト・副会長・クラブ奉仕・ロータリー情報の4つの理事役員職を一人が受け持つ事になっていました。そこでその次の年度、クラブ奉仕とロータリー情報の委員長職をクラブの重鎮であり会長経験者である樋口会員と岡本会員に依頼し、快諾を頂きました。何十年と続いた2つの役職の習慣が、この時変わりました。数年前での出来事でありますが、ここに再度報告します。
ロータリー情報委員会は、会員にあらゆるレベルのロータリーの歴史、綱領、規模、活動、規定に関する情報を提供し、また、会員候補にロータリークラブ会員の特典と責務に関する情報を提供し、入会してから最初の1年間、新会員のオリエンテーションを監督するものとする。と細則にあります。全会員の皆様のご協力を宜しくお願い致します。

閉じる

親睦活動委員会(出席委員会)

委員長 間 紀夫

ロータリー活動において、会員相互の親睦は活動の根幹となります。本年度は若手新会員も入会し、さらに若い力にあふれた委員会構成となりますが、諸先輩方が築き上げてこられた50年の伝統を継承するとともに、若いエネルギーをもって次の50年に繋がる新たな第1歩を、踏み出したいと思います。
そのために、今、一度、親睦の原点に立ち返るとともに、本年度中嶋会長のテーマでもあります『もっと自由に、 愛をこめて』をふまえて、有意義な奉仕活動の基礎となる会員同士の交流、信頼、友情を醸成するため、自由で楽しく、そして愛に満ち溢れた例会、家族会、クリスマス会となるよう努力してまいります。
大東ロータリークラブの会員の皆様におかれましては、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

【事業計画予定】

  1. 例会設営
  2. 秋の家族会 10月2日~10月3日
  3. 第48回 クリスマス会 12月11日
  4. 春の家族会 4月2日
閉じる

シンギング委員会

委員長 西山 潤一

例会のスタートをきるセレモニーであるロータリーソングを歌って頂ける様にタクトを振っていきます。「四つのテスト」は、この意味を皆様に訴えかけ、しっかりと体操をして頂ける様に頑張っていきます。
一年間、ご協力を宜しくお願いします。

閉じる

ニコニコ箱委員会

委員長 森岡 信晶

会員の皆様の「楽しかった事」、「嬉しかった事」、「お世話になったお礼」など、『ニコニコ箱』を通し会員ご家族、事業等の喜び事、お祝い事を共有し、親睦の場として実感していただけるよう努めてまいります。
また、『ニコニコ箱』は次年度の奉仕活動予算としての側面もございます。
充実した奉仕活動がおこなえるよう目標達成に向けて精一杯努めて参ります。
皆様からのご指導ご鞭撻並びに『ニコニコ箱』へのご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

閉じる

ロータリー財団委員会

委員長 髙島 登

ロータリー財団は国際ロータリーの活動の推進を資金的に支援するための非営利団体で、その使命はロータリアンが、世界で健康状態を改善し、教育の支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。会員諸兄の自発的な寄付のみによって支えられ、管理、運営している財団です。
特にポリオ撲滅はあと少しの所まできています。世界的な歴史の一ページとなる瞬間を共有する事ができるのは大変すばらしい事ではないでしょうか。これからも皆様のご協力を宜しくお願いします。

閉じる

インターアクト委員会

委員長 森田 武雄

本年度、インターアクト委員会の委員長を仰せつかります森田武雄と申します。若輩者ですが、ロータリアンとしての自覚を持ち前向きに、このような役を与えてくださった方々の期待にこえるべく全力で取り組んでまいります。
本年度も大阪桐蔭中学高等学校インターアクトクラブの活動に協力・参加し提唱ロータリークラブ、ホスト校と緊密な連携のもと、地域奉仕と国際奉仕を通じて「奉仕の精神を継承した未来ある青少年」の育成を目的とし、奉仕活動を通じて大東ロータリークラブとの交流を深め、一員としての自覚を持たせ、自主的な活動を促進いたします。
本年度スローガン『もっと自由に、愛をこめて』もとに大東ロータリークラブ会員の皆様には各事業へのご協力をお願い致すと思いますが、ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

 
【今年度事業計画予定】
7月 IAC例会
8月 海外研修 台湾・台中(8月2日~5日)
9月 早朝清掃活動
10月 秋の奉仕活動
11月 第2660地区年次大会
3月 冬の奉仕活動
5月 早朝清掃活動
6月 新入生歓迎会
閉じる