基本方針

2021~2022年 会長方針

会長 中 恒夫

当意即妙

大東ロータリークラブ 会長 中 恒夫

世界中で昨年より新型コロナ(covid-19)が感染拡大の中で、生活環境、社会環境が大きく変化しております。
ロ―タリアンの基本理念であります奉仕の心を再度見直す時に来ているのではないでしょうか。
本年度RI会長のシェカール・メータ氏のテーマであります。「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」SERVE TO CHANGE LIVESを掲げられておられます。

具体的には

  • 会員の増強 会員1人が新入会員を紹介し、会員増強委員会で選考する。(世界で130万人のロ-タリアンを目標に)。
  • 女子会員の増強(DEI)(多様性、公平さ、開放性)世界で広がる虐待やLGBT(性的差別)が問題になる中、多様性、公平さ、開放性を理解し増強に努める。
  • ロータリー奉仕デーに一般人の参加(ロータリーの公共イメージ)一般社会においてロータリー活動が社会の人々に理解、浸透しているか。
  • 教育支援の強化(ガバナー)学力低下問題や、地域教育に関し支援を行います。

ロータリークラブの目的は、「意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むこと」とあります。
大東ロータリークラブとしては、会員増強、一般社会におけるロータリークラブ活動のイメージ作り、教育支援においては、学校教育への参画そして地域教育の取り組みを行い、地域社会活動への参加、支援を行います。

今大きく変化する社会状況の中で、ロータリー活動を推進する私たちロータリアンは大変困難な舵取りが必要とされております。
本年度、私のテーマとして「当意即妙」を掲げさせていただきます。
想定を上回る変化の中でも、「当意即妙」な対応、すなわち、その場の状況に応じて機転をきかし柔軟な対応をもってロータリー活動を進めてまいりたいと思います。

シェカール・メータRI会長は、私と一緒に以下の宣誓をして欲しいと願われてます。
「私たちには、奉仕し、みんなの人生を豊かにする力(パワー)と魔法があります。」と。

私は全員が心を合わせて、持てる力と「当意即妙」の精神のもと難局を乗り越え奉仕活動を推進していきたいと思います。
そしてその先には私たち会員も含めたみんなの人生が豊かになっているものと信じます。
皆様にはご支援、ご協力を頂きますようお願い申し上げます。

活動計画

*会員増強
3名以上
*公共イメージ
ホームページ、公共機関発刊誌にて掲載
*教育支援の向上
出前授業他参画
*地域教育に参加
各事業所において地域教育に支援
*社会奉仕
市民祭り等公的事業に支援
閉じる

幹事・会計・S.A.A 活動方針

幹事 空門 満也

本年度、中会長はスローガンを「当意即妙」と掲げられました。
「当意即妙」の語源は仏教用語の「当位即妙」と一説にございます。
あらゆるものが、そのままに真理に適っていることという意味で使われていたとされています。
そこに機転を利かせるという意味合いが加わり「当意即妙」となったとされます。
世界中で猛威をふるう新型コロナ(covid-19)、そして変異、感染拡大の中で、生活環境、社会環境も多大な変化を余儀なくされております。
天然痘、ペスト、スペイン風邪など歴史の中で人類が感染症に脅かされてしたことは今回だけではありません。
さすれば当然のようにそこに存在するものなのかもしれません。
そういった中で人類は変化、進化し乗り越えてきたものなのだと感じます。
本年度ロータリー活動を進めるにあたって、不測の事態は当たり前にあるものと認識し「当意即妙」の精神のもとクラブ運営も取り組む必要があると思います。
幹事としてはまだまだ力及ばぬ未熟者ではあろうかと思いますが、クラブの円滑な運営を推進すべく精一杯挑んでまいりたいと思いますので、会員皆様のご理解・ご協力をどうぞ宜しくお願いいたします。

会計 間 紀夫

本年度、中会長方針であります「当意即妙」にしたがい、会員の皆様からお預かりしております大切な資金を効率的かつ有効に活用するとともに、新型コロナウイルスの影響による事業の変更・廃止、他方において緊急の事業の発案等にも臨機応変に対応し、会計の立場から、各委員会長及び事務局と連携し、有意義な活動となるよう支援できるよう努めてまいります。
会員の皆様におかれましては、一年間ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

S.A.A 柿木 篤

本年度、S.A.Aに任命頂きました柿木篤です。
コロナ禍の中まだまだ厳しい状況が続きますが、ワクチン接種も進み、徐々に日常が戻り、例会も再開されていくことと思います。
準備を怠らず、親睦活動委員会をはじめとする各委員会と連携をとり、例会運営がスムーズに進行すべく取り組んで参りたいと思います。
しかしながら、予期せぬことがたびたび起きるのが例会です。
中会長の基本方針「当意即妙」のもと、状況に応じて機転を利かした柔軟な対応ができるよう努めてまいります。
会員の皆様におかれましては例会への積極的参加とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

閉じる

クラブ奉仕委員会

委員長 中嶋 啓文

クラブ奉仕委員会の任務は、「クラブの奉仕に関する事柄においてその諸責務を遂行するうえに役立つ指導と援助を与えるような方策を考慮しこれを実施するものとする」とあります。
本年度、中会長が方針として掲げられた、会員増強、ロータリーの公共イメージ作り、教育支援の3項目の中で、会員増強については会員増強委員会が、公共イメージ作りには広報委員会が主として関わらなければならないと思っています。
その他クラブ奉仕に関する事柄を、クラブ奉仕委員会とその特定分野を担当する委員長さんと協力し協議を積み重ね、実施して参ります。
特に、女性会員についての方向性をも議論して行きたいと思います。
やっとワクチン接種が広まったと言え、まだまだ新型コロナウィルスの脅威が拭えない中、新年度が始まりました。
何が起こるかわからない中、中会長のテーマであります『当意即妙』の精神のもと行動して参りたいと思います。
皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

閉じる

職業奉仕委員会

委員長 岡井 康弘

「奉仕部門」はロータリーの定款文書に見当たりませんが、この概念はロータリーの活動の基本分野を説明することとなり、「職業奉仕」もその役割を担うものです。
ロータリアンが職業の尊さと価値を他の会員に説明する機会や職業研修をとおしてクラブの責任をはたしていきたいと思います。
昨年来、社会が新型コロナ禍にあり、職業奉仕においてもまさに中会長が掲げられた「当意即妙」な対応で進んでまいります。
会員皆様方のご協力を賜ります様お願い申し上げます。

閉じる

社会奉仕委員会

委員長 杉原 巨峰

誰もが予想もしえなかった想定外な状況下での新年度スタート。
世界中で大きく変化(covid-19)した生活環境・社会環境。
私達、ロータリアンの奉仕の理念に基づき新たな本質的な奉仕の在り方を考える時期であると思っております。
会長方針である「当意即妙」を掲げられておられます。
地域社会における継続事業を遂行すべく、この大きな変化(covid-19)の中で地域社会の要請に目を向け臨機応変に対応し、より良い社会づくりの一助となるべく存在意義のある大東ロータリークラブでありたいと思っております。
また、各種募金や義捐金などのご協力を頂く事があるかと思います。
会員皆様におかれましても、ご協力ご理解のほど宜しくお願い致します。

閉じる

国際奉仕委員会

委員長 中野 隆二

本年度、国際奉仕委員会委員長を仰せつかりました中野隆二でございます。
奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人および地域社会のリーダーの世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進するという概念のもと、国際理解、親善、平和を推進するために活動を実施する全ての活動を国際奉仕の活動とされております。
その活動には世界社会奉仕活動、国際レベルの教育及び文化活動、特別月間と催し、国際的な会合の4分野があります。
国際親善と親睦活動の推進を目的とし、各クラブは海外のクラブと姉妹クラブ等の名称で長期的な友好関係を築いています。
そしてその友好関係を築いていくなかでも世界社会奉仕活動いわゆるWCS事業や国際的な会合がとり行われたりもしております。
また、今年度もコロナ禍の中、各奉仕活動に制限が掛りますが、感染拡大防止に努め、各事業の取り組みさせて頂きます。
本年度はじめて委員長として国際奉仕に携わらせて頂き、身の引き締まる思いでありますが、本年度会長スローガン「当意即妙」の精神のもと、精一杯取り組んでまいりますので、一年間、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

閉じる

青少年奉仕委員会

委員長 森田 武雄

2021-2022年度、中会長が掲げましたスローガン『当意即妙』のもと、青少年奉仕委員会は先輩諸兄がこれまで築いてこられました伝統を心において、従来から実施しております青少年の健全な成長に寄与する事業を行ってまいりたいと思います。
多感な時期である青少年達、観るもの、感じるもの、聞くものに大きな吸収力があります。
野球大会、弁論大会等の事業で、なぜ?ロータリークラブは事業を行っているかを、青少年に理解してもらう必要性がいると思います。
今後の青少年たちが成人になり社会で活躍する頃に我々大東ロータリークラブの奉仕の意味が理解して頂けると思います。
コロナ禍で開催も危ぶまれるような状況ではありますが、感染対策を遵守しながら臨機応変に青少年の健全育成に寄与出来るよう邁進してまいります。
クラブのメンバーの皆様には至らぬ点もございますが、一年間ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

【活動計画】

  • ■ 大東ロータリー旗争奪少年野球大会
    9月 未定(日)午前9時より開会式
    9月 未定(未)に決勝・閉会式を予定
    [雨天の場合は、順延]
  • ■ 大東市小中学生弁論大会
    11月 未定(未) 開催予定(変更の可能性有)
閉じる

親睦活動委員会

委員長 西山 潤一

本年度、親睦活動委員会委員長を仰せつかりました西山潤一です。
昨年度より続いているコロナ禍の中ロータリーの活動の原点である親睦をどうしていけるのかを、本年度中会長が掲げられましたテーマ「当意即妙」その場の状況に応じて機転をきかし柔軟な対応をもってロータリー親睦活動を進めてまいりたいと思います。
親睦の基本は例会及び各行事に出席することで楽しく充実したロータリー活動が出来るように、また会員・家族が温かい絆で結ばれるように、各種行事の企画・立案・運営を実施できるよう委員会メンバー全員で協力し活動して参ります。
会員の皆様には、ご指導ご鞭撻ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【事業計画予定】

  1. 例会設営・出席報告
  2. クリスマス例会 令和3年12月 未定
  3. 春の家族会 令和4年4月 未定
閉じる

会員増強委員会

委員長 田川 和見

本年度R1会長の「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」
具体的に会員の増強、会員1人が新入会員を紹介し会員増強委員会で選考する(世界で130万人のロータリアンを目標に)とあります。
前年度クラブ戦略委員長として、新しく大東ロータリーのパンフレットを作りました。
「持続可能な魅力あるクラブを目指して!」です。
中会長のテーマ「当意即妙」な対応で、ロータリー活動を進めていきたいと思います。
会員の皆様にはご理解とご協力をお願い申し上げます。
会員増強3名以上!!

閉じる

ロータリー情報委員会

委員長 大東 弘

昨年に引き続き新型コロナウィルス感染拡大が収まらない厳しい環境下の中、本年度は会長テーマ「当意即妙」もと状況に応じた柔軟なクラブ運営がなされます。
ロータリー情報委員会は、ロータリーの根幹である、あらゆるレベルのロータリーの歴史、綱領、規模、活動、規定に関する情報を提供すると共に、新入会員のオリエンテーションを監督いたします。
また、ウィズコロナからアフターコロナへと変貌する社会で、ロータリー活動を行う上でのロータリアンとしてロータリーを正しく理解して活動するための役立つ情報を提供して行きます。

閉じる

プログラム委員会

委員長 森脇 克弥

今期の例会の卓話担当者を決めさせて頂きました。
各役員、委員長が発表される日を除く12回分の卓話の担当者を、前年度に卓話の機会がなかった方々を中心に決めさせて頂きました。
また、急用などでご欠席された場合の緊急卓話を2名の方々にお願いしておりますが、なるべく発表者間での交代で対応したいと考えております。
何卒、皆様のご協力をお願い申し上げます。

閉じる

広報委員会

委員長 生駒 智人

広報委員会ではホームページ・SNS・会報等を通じて、クラブ内への広報はもちろんのこと、地域の方々へも大東ロータリークラブの活動を幅広く知っていただくために、積極的に情報発信をおこなってまいります。
そして、大東ロータリークラブのブランド力の向上と一人でも多くの方々が、大東ロータリークラブに興味を持っていただき入会希望者が増え、新たな「出会いの扉」を開けて貰えるように、会員増強の一助に繋げていきたいと思います。
会報は例会が円滑におこなわれるように、ロータリークラブ活動の情報共有と楽しめる紙面になるように心がけていきたいと思います。
本年度、中会長が掲げられました『当意即妙』の精神を念頭に、状況に応じて柔軟な対応をもって、しっかりと広報活動を行ってまいります。
まだまだ若輩者ではございますが、会員諸兄の皆様には、何卒ご協力賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

閉じる

シンギング委員会

委員長 樋本 有伸

今まで当たり前のように行ってきた行動が制限される毎日。
友愛の握手やロータリーソングがない例会が続いたとしても、ご出席のみなさまが和やかな雰囲気でお過ごしいただける様、当意即妙な対応を心掛けたいと思います。
一日も早くみなさまとロータリーソングを歌えることを願いつつ、一年間よろしくお願い申し上げます。

閉じる

ニコニコ箱委員会

委員長 岸沢 重和

本年度、ニコニコ箱委員会委員長を仰せつかりました岸沢重和でございます。
中会長が掲げられました方針「当意即妙」を念頭に充実した奉仕活動の基金が集まるように目標達成に向け笑顔と感謝の気持ちを持って務めさせていただきます。
入会も浅い若輩者ではありますが、皆様からのご指導を仰ぎながら頑張って参りますので「ニコニコ箱」へのご協力を賜りますよう宜しくお願い致します。

閉じる

ロータリー財団委員会

委員長 小川 芳男

財団は、世界で、人々の健康状態を改善し、教育支援、貧困救済を通じて親善、平和を達成することを財団の使命として掲げています。
その点をふまえて財団活動にご理解を頂ければと思います。
世界のコロナ禍において感染症対策が、国家運営の中核をなし大きな時間と意識と予算を必要とされるようになった今、ロータリークラブが長年にわたり取り組んできたポリオプラスという事業が、大きな輝きを放ち、今後ますます意味のある事業になると思います。
このような価値ある事業に参加できることを誇りに思います。
財団やポリオプラス等への貴重な寄付金に対しましてもご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
素晴らしいロータリークラブの事業に、これからも皆様のご協力を宜しくお願い致します。

閉じる

米山奨学委員会

委員長 谷中 宗貴

米山記念奨学会の制度について少し勉強させていただきました。
文化とは良きものを創造、構築し、良いと信じることからさらに加え、無駄を省き、また磨き、洗練し、凝縮し、継続され、醸成され仕上がったもの、それらを繰り返し積み重ねてきた結果、誰もが称賛できることとなったものとして捉えています。
外交は簡単なことではないと考えますが、民間外交や交流を含めてそれぞれの文化を考慮し、協調とバランスを図り、それに複雑な社会情勢や諸事情等を加味し、各自が折り合った上で相乗効果が創出されると考えます。
互いの文化をよく理解して尊重し合い、コミュニケーションを潤滑に図ることができる。
資金面だけではなくそのような環境を提供させていただくことが国際平和という普遍的な相乗効果の創出をテーマとする本制度の意義と理解し行動させていただきます。
1年間よろしくお願い申し上げます。

閉じる

インターアクト委員会

委員長 中崎 諭

本年度インターアクト委員長を仰せつかります中崎諭です。
昨年度に引き続き務めさせていただきます。
本年度も大阪桐蔭中学高等学校インターアクトクラブの活動に協力し、地域奉仕と国際奉仕を通じ、インターアクターの自主的な活動を促進いたします。
このコロナ禍で何が出来るのか?どうしたら出来るのか?顧問の先生・インターアクターとコミュニケーションを取りながら、考えていく1年になると考えています。
大東ロータリークラブ会員の皆様には各事業へのご協力をお願い致すと思いますが、ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

7月
IAC例会(未定)
8月
海外研修(中止)
9月
早朝清掃活動
10月
秋の奉仕活動
11月
年次大会(未定)
3月
冬の奉仕活動
5月
早朝清掃活動
6月
新入生歓迎会(未定)
閉じる

クラブ戦略委員会

委員長 佐藤 多加志

本年度、クラブ戦略委員会では継続し本年度、会長指針の「当意即妙」の観点から大東ロータリークラブの現状とこれから先、あるべき姿を創造し方向性の具現化を進めて参りたいと思います。
また、COVID-19の環境で経験した事を踏まえ、緊急時の対応対処の背策等も立案できればと考えております。
中長期ビジョン策定に於きましては、前年度引継ぎの中進めて参ります。
何卒ご協力頂きます様お願い申し上げます。

閉じる